sakura

虹の架け橋事業とは?

平成22年度から文部科学省の外郭団体である国政移住機関(IOM)の事業である 『虹の架け橋』を運営しています。
本事業は、未就学で日本語能力が未熟な外国人児童•生徒(来日、在日)が 日本語の基礎知識や学校でのマナー、ルールを身につけ
居住学区の小中学校に編入させるという事業です。 また、中学卒業あるいや同程度の修学歴のある生徒に対して、 高校進学の支援、
未就学児にはひらがな、カタカナなどの学習支援を行っています。
【場所】真岡市さくら2丁目3番地7 アプラック実践スクール二宮校
※保護者による送迎または教室のワゴン車による送迎
【時間】月曜日〜金曜日 午前9時〜12時(3時限)※祝日、夏季、年末年始、春季の休みあり

学習自動生徒(平成25年2月時)の国籍内訳

生徒数 生徒数
フィリピン 未就学 1名 タイ 小学生 1名
小学生 8名 中学生 1名
中学生 6名 ペルー、ボリビア 小学生 1名
高校生 4名 中学生 2名
中国 中学生 3名 高校生 3名

虹の架け橋教室 SAKU•ら 関連記事

H230608-2
2011年6月8日 Comments are off 管理者
シェアする:

平成23年6月8日 虹の架け橋教室SAKU・ら いちご狩り

虹の架け橋教室SAKU・ら では、上三川町のいちご畑にいちご狩りに行きました。 生徒たちは、初めてのいちご狩りに大満足でした。

続きを読む
H221224-1-2
2010年12月24日 Comments are off 管理者
シェアする: