1.普通の主婦であること

私が始めて立候補したとき、真岡市議会議員には私のような『普通の主婦』は、いませんでした。
有権者の皆さんにとっては、主婦が立候補すること自体が驚きだったかもしれません。
しかし、応援してくれる方々と接していて、『普通の感覚を持った人』への期待があったように感じます。



2.子供をもつ母親であること

真岡市議会議員には、現在、子育て中の女性議員は私一人しかいません。
政治理念のページでもお伝えしていますが、私は子どもや女性がもっと住みやすい
社会を作りたいと考えています。
これは、私自身が女性として子どもを育てた経験があるからこそ、
母親である有権者の方々に共感いただけているのだと感じています。



3.障がい者支援に取り組んでいること

私自身、障がいのある子を持つ母親です。だからこそ、そのような人々にどんな支援が必要かがわかります。
今後は真岡市にとどまらず障がい者支援の大きなネットワークを作っていきたいと考えています。



4.介護経験があること

私も実父母での介護の経験があります。そして、その大変さが心身ともにわかります。
これからますます高齢化が進み、介護が必要な方が増えることは間違いありませんし、
それはつまり介護を行う人も必然的に増えることを意味しています。
もっと行政が介護の現場を支援してくれるよう、働きかけます。