定期接種、その後の医療のあり方を考える

子どもたちへの定期接種ワクチンが増えていますが、「それって、本当に大丈夫なの?」と疑問に思われている方もいらっしゃると思います。そんなワクチンの問題を考えるために、今回は子宮頸がんワクチン接種に焦点をあて、今後の医療のあり方について、皆さんと考え、話し合える時間になればと思います。

10 月17 日(月) 全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会事務局長 日野市議会議員  池田利恵氏による「子宮頸がんワクチン接種、そしてその後」の講演を開催します。

ご参加をお待ちしています。(詳細は下記をクリックしてください)

開催詳細案内

 

Theme Settings