シェアする:

定期接種、その後の医療のあり方を考える

子どもたちへの定期接種ワクチンが増えていますが、「それって、本当に大丈夫なの?」と疑問に思われている方もいらっしゃると思います。そんなワクチンの問題を考えるために、今回は子宮頸がんワクチン接種に焦点をあて、今後の医療のあり方について、皆さんと考え、話し合える時間になればと思います。

10 月17 日(月) 全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会事務局長 日野市議会議員  池田利恵氏による「子宮頸がんワクチン接種、そしてその後」の講演を開催します。

ご参加をお待ちしています。(詳細は下記をクリックしてください)

開催詳細案内

 

シェアする:

子ども達をどう守るか

第8回シンポジウムを11月12日(土)に開催します。

第一部は「子宮頸がんワクチン」接種に伴う経過報告を、池田利恵日野市議会議員にご報告頂き、第二部では、パネリストに上野通子氏、本間真二郎氏、池田利恵氏、荒井敦子氏を迎えてのパネルディスカッションを開催します。

お時間がありましたら是非参加してください!(詳細は下記をクリックしてください)

第8回シンポジウム詳細

2015年3月2日 Comments are off 七海あけみ
シェアする:

事務所を開きました

事務所を開きました。是非、お立ち寄りください。 場所は、「高勢町2丁目のモンマートふくしんさんの道路を挟んだ向かい側です」

1425178131289

H230608-2
2011年6月8日 Comments are off 管理者
シェアする:

平成23年6月8日 虹の架け橋教室SAKU・ら いちご狩り

虹の架け橋教室SAKU・ら では、上三川町のいちご畑にいちご狩りに行きました。

生徒たちは、初めてのいちご狩りに大満足でした。

H230608-3 H230608-2 H230608-1

H230531-4
2011年5月31日 Comments are off 管理者
シェアする:

平成23年5月31日 真風会視察 南相馬市(飯舘村経由)社会福祉協議会

5月31日、東日本大震災の被災地である南相馬市に行きました。

H230531-1 H230531-2 H230531-3 H230531-4

 5月31日、東日本大震災の被災地である南相馬市に行きました。

【 視察の経緯】
 ・昨年11月デマンドタクシー(小高地区)の視察をした。(真風会)
 ・真岡市は、本市旧二宮町と南相馬市が尊徳サミットによるネットワークをもっており、すでに物資の支援、また南相馬市・いわき市から被災者を受け入れている。
【担当】
  門間 秀夫 会長
  佐藤 信一 常務理事兼事務局長
  村上 勇一 事務次長
【目的】
   震災の支援をする上で、被災地の状況とニーズを調査する為に視察をした。 

被災状況(5月31日現在)
   556名死亡   約300名不明
 津波による被害が甚大であった。現場は県道114号(福島浪江線)を境に低地では津波による壊滅的な被害を受けていた。海岸から2~3kmの内陸まで船が約70隻打ち上げられ、現在も放置されている。


 そこかしこに瓦礫が山になって積まれている。南相馬市の原町地区は原発から30km圏内なので自主避難。 小高地区は20km圏内で強制退去、現在も手つかずの状態である。


 社会福祉協議会では、5月から避難している職員を呼び寄せて (7割が戻る)、訪問介護・デイサービスがスタートする。
 仮設住宅に建設は進んでいるが、入居者は少ない。   問題点は、仕事がないため経済的自立が困難である。 仮設住宅では、光熱費・食費は自前になる。避難所は、3食は用意され、費用はかからない。避難所には今だ約300人が生活している。子供たちは、学校をかわらなければならない。学力の低下が心配である。 被災者の心のケアは必須である。


 社会福祉協議会では・・・
 3月12日にボランティアセンターを立ち上げた。地震・津波・放射能そして風評の4重の被害を受けている。当時避難所は、市内の2/3の住民が避難。7万1千人にうち4万人。まずは、30km県外の鹿島地区から取り掛かった。今回、被災地にはじめて足を運び、感じたことは・・現場に行かなければ分からないことは、たくさんある。   

2ヶ月半過ぎたが、未だに陸地に船、瓦礫の山が存在する、この光景を早く無くす為に今何が出来るのか、国の支援はなぜ現場に届かないのか、政局が今変わろうとしているが、それで、これらの解決策が産み出されるのなら、速やかに変わっていただきたい。

では、私は何が出来るのか・・・。避難所に行き、傾聴(話を聞く・話し相手になる)、子供たちとのふ れあい(絵本の読み聞かせ)、中学校程度の学習支援・・・、今思い つくのはこんなことしかないけれど・・・。早く、また、被災地に出向きたいと思っています。 南相馬市社会福祉協議会では、随時、ボランティアを受け入れています。  傾聴・子供たちの支援のほか、泥のかき出しなどもあるそうです。  

まだまだ長い道のり・・・。ボランティアの火を消すことは出来ません。
問い合わせ先    南相馬市社会福祉協議会
               0244-24-3415